賃貸ではリフォームはできませんが、取り付けるタイプであれば、取り外すだけで原状回復できます。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸のリフォームでは取り付けを考える

賃貸物件では、基本的には勝手にリフォームをすることはできません。行ったとしても、もとに戻す必要があります。リフォームするのにお金がかかり、さらにもとに戻すのにお金がかかることになります。よほどお金がないとできないでしょう。一部には、団地でリフォームを自由にできる物件があります。業者に頼むのではなく、DIYで自分でリフォームする人が多いと言われています。自分で部屋を作っていける楽しみがあるのでしょう。

もしリフォームをするなら、取り付けるタイプが中心になるでしょう。大きなリビングがあって、それを2つの部屋にしたい場合があります。この時には真ん中にパーテーションを置けば2部屋になります。退去時はそれを取るだけです。

これが、取り壊すリフォームは後が大変です。壁をぶちぬいて広く使うのはいいですが、退去時にその壁を戻します。となるとかなりの費用が必要になるでしょう。壁でなくて、扉などで仕切るようなところを選ぶしかありません。