契約時に賃貸の付帯設備となっているモノは、大家さんが故障などの負担をしてくれます。契約外は基本的に含まれません

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸は設備を大家さんが面倒見てくれます。

契約時に付帯設備となっているモノは、故障などが起きたときには大家さんがすべて負担してくれます。給湯器などはもちろん、屋根の雨漏りなども面倒を見てくれます。当然お琴ながら、問題が起きたときにはまっさん¥気に大家へ連絡をしなければなりません。その上で大家からの指示を待たなければならないのです。故障したからといって、勝手に直すことは出来ません。その辺りはすべて契約書に記載されています。もちろん付帯設備以外で以前の賃借人が残していったような製品などは、その限りではありません。通常使用するのは勝手に使って置いて下さいという感じです。

その場合は故障すれば、自分で直して欲しいという感じになります。間に不動産業者が入っている場合は、底へ連絡することが必要になります。もちろん、直ぐに来てくれるようなところなら良いのですが、しばらくほったらかしなら困ります。賃貸の場合、故障すれば直ぐに連絡をする必要が出てきます。こんな時も相手の不動産会社によって対応は異なります。契約の時に良いところを選ぶ必要があるのです。