賃貸住宅は新築時は借りても多いが、築年数が経つにつれ減少、時代のニーズに応じて再利用のため改装が必要になる。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸住宅の再利用の考え方

賃貸住宅は、新築時は、その時代のニーズに合わせて建築されているので、バリアフリーであったり、ロフトがついていたり、駐車場や庭付きだったりと、魅力的で、借りても多い。少しぐらい賃貸料金が高くても、借りたくなります。

しかし、それも、せいぜい15年ぐらいだと思います。20年も経つと、時代のニーズも変わり、住宅自体も老朽化が目立ってきます。空き室状態が長くなったり、賃貸料金を下げたりなどの、何かしらの対応が出てきます。

その対応の一つに、再利用として、その時代のニーズに応じた改装も一つの考えとして検討していってもいいのかもしれません。今でいえば、元気なお年寄りに向けて、グループホーム形態の住宅や宿泊型のサークル活動の場などに改装することも考えられます。もともとそこの土地にずっと建築されていたものを利用するので、地元の人たちにも、違和感が少なく受け入れられやすいと考えます。個人経営では難しいところもあるので、不動産会社がタイアップして、そのようなシステムを導入すれば、より活用の幅が広がります。