実家暮らしだった女性が、新社会人として「自分の夢を実現する空間」として賃貸暮らしをスタートさせた。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

私の、夢実現空間を賃貸でゲット

この春から新社会人となりました。運良く希望の会社で働かせていただける事になった私はとてもラッキーでした。けれど心配な事がただ一つ、一人暮らしをしなければならない、という事です。働き先が県外にあるため、少しの不安とわくわくを胸に秘め内定が決まった頃、父と一緒に賃貸物件を見て回りました。何度も何度も県外の物件に足を運べる訳はありません。こうなると、「気持ちいい接客をしてくれる」「お世話能力が高い」賃貸会社のサポートを受けるしかありませんでした。一緒に見て回ってくれる父が納得してくれ、私も安心で快適に暮らせる場所を探すのはなかなか容易ではないように思われました。

やはりいいところは既に押さえられている事が多いです。残念ながら。それに県外、という事が私の新生活準備の足かせになっているようでした。なかなかいい物件もなく、信頼できる賃貸会社さんもなく、探す事にあきらめかけていましたが、父は私に「これから長い事住む事になるはずだから、納得するまで探そう」と言ってくれました。ちょうどその頃、少しいいな、親しみが持てるなと思えた賃貸会社さんから連絡が入りました。話を聞いてみると、とても驚くようなないようでした。立地もいいし、築年数も浅く、明るくて日当りのいい場所。少し家賃もオーバーしてしまうけれど、会社へ通うのも駅が近いしなにより、セキュリティがしっかりしているところなのです。

聞いた時は信じられませんでしたが、その後写真や資料を送ってくださったり周囲の情報などを親身になって教えてくださったおかげで、父も納得の安心物件に今では住む事ができています。新生活は何かと不安です。けれど、新生活の準備段階はもっと心細い事が多いと思います。そういうとき、信頼できる賃貸会社さんを見つけ、相談する事はその不安を少し解消する事につながります。さらに「こうなりたい自分」「こうであったらいい自分」を明確に思い描く事ができたような気がします。これから「夢を実現させていく」のはすべて私次第です。けれど、父と一緒に選んだこの部屋のおかげで、少しずつではありますが「ばりばり仕事ができて、趣味も恋愛も思い通り」な自分に近づけているような気がします。