賃貸の建物が新しくてセキュリティもしっかりしていれば、それが家賃に跳ね返るのも当然と思えます。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸の部屋と家賃の連動について

普通に考えると、家賃の安い賃貸の部屋は建物そのものが築年数が長くなっていて、部屋の設備も古かったり、建物自体もどこかみすぼらしかったりするのではないかと思います。新しくできたマンションなら見た目もきれいだし、セキュリティ面でも最新の設備が整っています。自分も気持ちよく過ごせるだろうし、傍目に見ても、よいところに住んでいるね、と言ってもらえそうな気がしてくると思います。この両者の最大の違いになって現れるのが、家賃でしょう。

広さや間取りはそれほど変わらなくても、築年数が経っていることで建物の新しさや設備の内容が違っていると、それが家賃にも反映されてきます。新しいところは家賃が高くなっても仕方ない、と思えますが、古いのに家賃が高いと、なんで、と思うでしょう。古いのだからその分、家賃を安くして提供してほしい、という気持ちが借りる側に芽生えるのは当然だと思います。そのあたりを考えると、家賃の安さを取るか物件の新しさを取るか、悩むところです。