家事もするし、セキュリティも気になる、そんな一人暮らしの女性向け賃貸物件選びのチェックポイントとは。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

女性向け賃貸物件選びのチェックポイントとは

女性の一人暮らし向け賃貸物件で一番気になるのは、やはりセキュリティ対策ではないでしょうか。また、家事や自炊を日常的に行う方にとっては、毎日の家事がはかどる住居であることも、重要なポイントとなります。では具体的にはどのようなことをチェックして物件選びをすすめれば良いのでしょうか。

一人暮らし向け物件のセキュリティ対策で重要なのは、インターホンと窓の防犯です。マンション等の玄関ドアは、たいてい丈夫な素材で作られているため、ドア鍵さえ施錠していれば、玄関から侵入される事はまれです。窓が侵入経路になることが多いので、セキュリティガラスや防犯錠の採用を確認しましょう。テレビカメラ付インターホンがあれば、鍵穴をのぞきこんで相手に在宅を知られる事無く来訪者をチェックできて安心です。

家事や炊事を日常的に行う人は、キッチンの調理スペースの広さや、そのまわりの収納の様子をよく確認しましょう。ガス口の数やガスの種類のチェックも忘れないようにしましょう。ガス口が1つでは調理に時間がかかりますし、プロパンガスは都市ガスよりも割高だからです。増える調味料や調理道具もすっきりと収納できると良いですね。