賃貸契約には連帯保証人がつきものです。どんな責任と義務があり、どんな人に頼むのが良いのでしょうか。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸契約の連帯保証人

賃貸契約においては、契約者が万が一のことがあったときに代わりに責任を負う存在である「連帯保証人」をつけなければいけません。連帯保証人が負わなければならないのは例えば、契約者が家賃を滞納して払わなくなった場合に代わりに家賃を支払うことや、契約者が行方不明になった場合に荷物を引き取らなければならない、などの義務です。もちろん、契約者がこのような事にならない限りは、名前を貸すだけといった感覚で大丈夫でしょう。

逆に信用ならない契約者の保証人にはならないように相手をよく考えてから決めたほうがいいと思います。連帯保証人は基本的には両親に頼むことが多いですが、もし事情があって頼めないときにはその限りではありません。次は親等の近い兄弟・叔父叔母・祖父母・いとこなどの親族。それも難しければ会社の上司・同僚に頼む例もあります。一貫して支払い能力がある人でなければ保証人として認められませんので、安定した収入があることが条件です。しかし、上司や同僚だと、会社を辞めたり、会社が倒産したるするケースもあり得るのであまり保証人として長い目で見れない不安があります。そのため、大家さんが承認しない可能性も高いです。