賃貸物件を契約するまでの一通りの流れをあらかじめ知っておくと、効率よくスムーズに引越しまで行えます。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸物件を契約するまでの流れ

はじめて一人暮らしをするとき、何をどうすればいいのか分からなくて、予定していたよりも時間が掛かってしまうこともあると思います。そこで、あらかじめ賃貸物件を契約するまでの流れを知っておくと安心ですし、効率よく引越しまで行えます。まずはじめに、住むエリアや間取り、引っ越す時期や予算を整理しておきます。それから、住宅情報サイトなどで条件に合った住まいを選びます。相場が分からないときは、ネットで情報を探してもいいですし、不動産会社に直接聞いてみるのもいいです。

次に不動産会社に行って、希望の部屋を見せてもらいます。気に入った部屋が見つかったら、書面にて貸主へ入居の申し込みを行います。それが終わると入居審査が行われるので、通ることを前提に住民票や印鑑証明などの必要書類を用意しておきます。そして、契約条件をしっかりと確認して契約し、敷金、前家賃といったお金の支払いを行い、契約書やカギなどをもらって、その後、引越しとなります。