賃貸マンションに入居する前には部屋の傷などを予め確認しておく必要があります。引越の時も気をつけたいです。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

賃貸マンションに入居する前に

賃貸マンションに引越をする場合に気をつけることがいくつかあります。引越の際には大体大きな家具も入れることになりますがその時には賃貸マンションの壁や床などに傷がつかないように気を付けます。多くの引越業者がこれについては行ってくれます。例えば床に厚手の毛布や絨毯などを敷いたり、壁に保護用マットをつけてくれます。その上でものを入れるようにしてくれますので傷はつきにくくなります。個人で行う場合にはこういったものは個人で用意することになります。そして、まず、ものを入れる前にもしておかなければいけないことがあります。それは内装に大きな傷や故障したものがないかというチェックです。

これはものを運び入れる前に行うことによって後からのトラブル発生防止につながります。部屋の傷をこちらがつけた場合には修理代金を敷金から差し引かれることになります。しかし、自分がつけていないものであっても入居する前に見つけておかなければこちらが支払うことになります。