高齢化がますます進むにつれて、将来的には多様化していく住まいの形態に対して賃貸における合理性。

住まいは賃貸の方がお得。
検索フォーム
人気記事
住まいは賃貸の方がお得。

高齢化に伴う賃貸における将来性

賃貸アパート、マンション、一戸建て、二世帯住宅など住まいにおける形態は様々です。中には三世帯住宅なんてところもあります。このように様々な形がありますが、高齢化がますます進んでいき、将来的には住まいにおける形態も変わっていくと考えられます。

一般的には核家族が多く、多様化していると言っても、一世帯住宅という住まいの形態がほとんどです。高齢者は将来的には老人ホームや病院などの施設に入るという考えはあると思いますが、高齢化が進むにつれて、そういった施設の空きが少なくなり、安易に入居出来るかどうかはわかりません。その上、社会福祉による保障に関しても、安心というわけにはいかないと思います。

そういった状況が予想される中で、地域の繋がりの強化や様々な仕組みの多様性など、色んな解決方法があると思いますが、やはり家族間での繋がりや絆はもっと大事になっていくでしょう。その上、家族間での介護というのも大切になり、支え合う必要性が出てきます。賃貸という形態であれば、また新しいライフスタイルや新生活に合わせた環境にスムーズに移ることが出来、コスト面や持ち家であった場合のような売却などの労力も不要で安心面が多くあります。